エロライバー達のネクストステージ!!オナサポ女子は1対1のLINEにまで広がっている!?

自身のエロエロな姿を電波に乗せ、我々に夢を見せ続けてくれる女神たち・・・

 

エロライバー達の行く末

 

それが、

エロライバー

である!!

 

ライブチャット業界においては、パフォーマーと呼ばれることが多かったが、TikTokや17Live全盛時代となった今では、エロライバーという言葉で統一する方がしっくりくる。

 

彼女たちは我々のオナニーを強烈サポートするためにこの世に生を受けたにちがいなく、日々、エロさ満点な裸体を晒しつつ挑発、我々を射精に導いてくれる有難い存在なのだ!!

 

我々を射精に導いてくれる有難い存在

 

当然、我々としては、

 

祈りを捧げるなら、彼女たちに捧げるべきであり、

 

お経を読むのであれば、彼女たちに向けるべきであり、

 

祝詞を唱えるなら、

「かしこみかしこみ射精し申す」

べきなのは言うまでもない。

 

そんなエロライバーたちに、今までとは違った動きが起き始めているようなのだ。

 

これはチェックしていくしかない!!

 

コロナ禍で爆増したエロライバーだが、大きな転機が訪れている!!

自粛!!自粛!!自粛!!

 

コロナの患者数が明らかに減った今でも、まだまだ「自粛」が一大ブームとなっている日本だが、それでも射精に自粛はない。

 

数倍に増えたエロライバー女子

 

よって、毎日のように小さな、そして大量の命をティッシュにぶち込んでいくわけだが、それを強烈に応援するのがエロライバーたちであること、それは既に触れた。

 

こうして自宅でのソロ射精がトレンドとなる今、

 

そのチアリーダーであるエロライバーたちは増殖に増殖を重ね、

 

ここ1年で、

数倍に増えた

といっても過言では無いだろう。

 

そしてそのあまりの増殖によって、エロライバーたちの動きに大きな変化が訪れている!!

 

エロライバーたちの主戦場はエロライブチャットだ。

 

そこには多くのエロライバーが在籍し、多くの男性がそこに集う。

 

その景色自体は、現在も変わらない。

 

2shotエロライバーの出現

 

しかしながら、増殖しすぎたエロライバーたちの一部に変化が訪れている。

 

それは、LINEやカカオなどメッセージアプリのビデオ通話機能を使った、

完全2shotエロライバーの出現

である!!

 

はぐれエロライバー「援助はやっぱり頂いちゃうけど、それで良かったら2人でお話するよ?」

っと、相手を誘導。

 

そこで、1対1での濃密でエロエロなビデオ通話を楽しむというのだ。

 

逆に男性からの勧誘もあり、互いの利害が一致すればすぐに交渉が成立する。

 

勧誘場所の多くはライブチャットで行われるのだろうが、そこは運営もチェックしていると推察される。

 

しかし、人数が多い為に漏れがあるのだろう。

 

そういったケースが後を絶たない。

 

また、他のSNSやネットの掲示板等でも交渉が行われ始めており、その数はどんどん増えている。

 

個人間なので色々とパターンがあるのも面白い。

 

女性側も顔出しが危険と判断すれば、

「マスクありだけどいいかな?」

っと、顔出しを一部NGにしておき、射精サポートをすることもあるし、

 

「初めての人はお試しに10分だけ!」

っと、プレイ後に相手からの送金がされるかどうかを確認してから、本格的なプレイに進むなど、色々と考えられているようだ。

 

送金の方法も多様化されており、プリペイドカードやQR決済の送金など、その辺りを上手に利用しているようだ。

 

1対1のメリットは多い!!

 

完全1対1のメリットは多い

 

相手を互いに覚える事で、素人女性との絡み感が増し、興奮度が高くなる事。

 

運営を介しないので、コストが下がる事。

 

管理されることがなく、ルールが無用となり、互いにストレスが少ない事などだ。

 


言わずもがな、この3つのメリットはかなり大きい。

 

もちろん相手への理解が進めば、実際に会う事なども十分にあり得るし、デメリットが全くないのだ。

 

っとなれば、こういった1対1のエロライバーの増加は当然の事だと言えるだろう。

 

今後も、エロライブチャット界隈から目が離せない日々が続きそうだ!!

 

 

関連ページ

Zoomとライブチャットの流行から、今後の出会い方が見えてきた!!
コロナ禍で多くの企業が軒並みダメージを受けたが、その中で好調だったものもある。その中でもZoomなどのビデオチャットサービスについては、ユーザーが爆発的に増えた事は、記憶に新しいだろう。今までは、個人間のコミュニケーションは、テキストでのやり取りでありメールやチャットが主流だった。

PAGE TOP